肝臓に良いタウリン

タウリンは、栄養ドリンクや健康補助食品などのCMでよく耳にすることが多い言葉ですが、そもそもタウリンとは、どういったものなのでしょうか

含硫アミノ酸

タウリンは、アミノ酸に非常によく似た物質ですが、アミノエチルスルホン酸といって、構造的に厳密にいうと、アミノ酸ではありません。 しかし、栄養学的に、アミノ酸の一種である含硫アミノ酸であると言われています。含硫アミノ酸とは、硫黄を含むアミノ酸のことです。

タウリンの他には、メチオニン、シスチン、シスタチオニンなどが含硫アミノ酸と呼ばれています。

体内のタウリン

人間の体内でタウリンは、あらゆる組織に含まれています。中でも、筋肉、脳、目の網膜、心臓、肝臓、白血球中などにたくさん含まれています。 中でも、体内に存在するタウリンのうち、70パーセント前後が筋肉に含まれていると言われています。

医薬品としてのタウリン

タウリンは、食品に添加することができない物質のひとつです。それは、厚生労働省が定める「専ら医薬品として使用される成分本質」からです。 これは、近年の食品研究が進み、生活習慣病や疾病などの予防を提示した健康食品がたくさん増えたため、それらと医薬品の区別をするために定められたものです。

タウリンの生成

タウリンは地球上にあるほとんどの生態に含有されていると言われています。したがって、人間の体にとってタウリンは、生きていくために必要な物質のひとつです。 タウリンは生体内で合成によって生成される分と、摂取して補う分があります。

生体内で生成されるタウリンの量は、生体の種類によって違い、人間は比較的少ない方だと言われています。 そのため私たちは、日頃からタウリンを摂取するように心がけることが非常に大切になります。

タウリンのように、よく耳にするけれどよく分からないという物質は非常に多いです。自分の体に入れるものなので、どういったものなのか理解した上で摂取するのが一番です。

タウリンの働き

胆汁酸の分泌を盛んにする

タウリンは、胆汁酸の分泌を盛んにするはたらきがあります。この胆汁酸とは、肝臓から分泌されるもので、コレステロールを排せつしてくれます。 したがって、胆汁酸の分泌が増えると、血中のコレステロール値を下げてくれるので、コレステロールを摂りすぎてしまっている人にとっては、タウリンはありがたい存在です。

人間の体は、ある程度のコレステロールは必要としますが、摂りすぎてしまうと動脈硬化などを引き起こして突然死に至ってしまうケースがあります。

アルコールの分解

タウリンには、アルコールを分解するはたらきがあります。これは、ラットを使った実験で証明されています。 この実験は、タウリンを投与したラットとしていないラットに、同じアルコール濃度のアルコールを投与し、2時間経ってから血中アルコール濃度を測定した、というものです。

その結果、タウリンを投与されていたラットの方が、早くアルコールを分解していたというものです。 アルコールは、肝臓の中でアセトアルデヒドと酸素によって分解されますが、この分解が肝臓に大きな負担を与えていると言われています。

したがって、タウリンを摂取することによってアルコールの分解を助けるので、肝臓への負担が軽減されます。タウリンは、カキやたこ、いかなどの魚介類に多く含まれているので、魚介類を食べながらお酒を飲むとアルコールの分解に一役買ってくれます。

脂肪肝の予防

脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が溜まっている状態のことで、肝臓が肥満症になってしまっていることを指します。 近年若い世代に多いと言われており、放っておくと、動脈硬化や生活習慣病を引き起こす原因をなってしまいます。タウリンには、肝臓にある脂肪を排せつしてくれるはたらきがあります。

したがって、タウリンを摂取することは、脂肪肝の予防にもなりますし、現在脂肪肝という方でも、タウリンの摂取が大切になります。 魚介類が苦手で中々タウリンを摂取できないという方は、タウリンは医薬品の栄養ドリンクなどで摂取することができるので、薬局の薬剤師や医師に相談して取り入れるのも一つの方法です。