タウリンを多く含む食品

近年耳にすることが多くなった「タウリン」は、様々な効果があることで有名です。例えば、高血圧や糖尿病、動脈硬化の予防など、タウリンの効果は数えたらきりがないほどです。そんなタウリンは、どんな食品に多く含まれているのでしょうか。

魚類

魚類の中で、タウリン含有量トップクラスを誇るのは、真蛸です。100グラム当たりの含有量がなんと、900から1600ミリグラムであると言われています。

次に多いやりいかで700ミリグラム前後、カツオで160ミリグラムから800ミリグラムと言われているので、魚類の中では真蛸がタウリンの含有量が最も多い食品のひとつであると言えます。スーパーでも置いてあるところが多いので、お手軽に手に入れることができます。

貝類

貝類の中で最もタウリンを含むものといえば、サザエです。その含有量は、サザエ100グラムあたり1500ミリグラム前後と、かなりの含有量です。次に含有量の多い貝類は、ホタテで、1000ミリグラム前後、カキで700ミリグラムから1000ミリグラムと言われています。

サザエやカキは日々の食卓では中々食べないと言うことも多いでしょうが、よくお味噌汁に使われるアサリでも400ミリグラム前後のタウリンを含んでいるので、手軽にタウリンを摂取することができます。

参考:タウリンとは

その他

その他の部類として、スルメイカやウニ、車エビなどがあります。それらのタウリン含有量は、100グラム当たり、スルメイカは300ミリグラム前後、ウニで30ミリグラム前後、車エビで200ミリグラム前後です。

サプリメント

タウリンの多い魚介類ですが、タウリンは水溶性なので煮汁に溶け出してしまいます。なので、煮つけにした場合や、お味噌汁に入れた場合には、その汁まで飲まないとタウリンを摂取することができません。

また、タウリンの効果をしっかり発揮させるには、3000ミリグラムのタウリンが必要であるといわれています。したがって、食品で十分摂ることができないときには、サプリメントの力を借りるのも有効です。

タウリンは肝臓にいいことから、肝臓に良いサプリメントにも含まれていることがあります。
参考:肝臓に効くサプリメント